記事一覧

往診について考える

(ご本人の承諾を得て掲載します)
私は難病や重度障害の患者さんを専門に
往診の鍼灸・マッサージを生業としています。
利用者負担が少なく医療としてエビデンスある施術を心がけ
保険対応が基本です。
しかし、世の中には制度を悪用して不正を働く者や
モンスタークレイマー並みの困った利用者がいることも事実です。
事実無根の悪評や、身内から裏切られることもあります
全ての人の賛同を得て仕事が出来たら、こんなに素晴らしいことは無いでしょうが
そんな事はありません。
たった一人でも満足してくれたら、自分がこの世に生まれた意義が実感できるのかもしれません。
そんな私の理解者の一人Iさんの光線治療です
頚損で在宅介護、臀部に褥瘡ができてしまいました。
痛みを感じない為発見が遅れあっという間に骨まで浸潤し、感染症も併発しました。
今は大分落ち着いていますが気を抜けません
Iさんと二人三脚の戦いは続きます!

子供を3人以上産めについて

失言で有名な某国会議員
大臣を首になったばかりだというのに
またもや、問題発言で物議をかもした。
けしからん!女性蔑視だ!軽率だ!馬鹿じゃないのか!
等々ご批判はニュース・ネット上にて絶賛報道中であるが
私がこの人の立場ならこの際自分の不利を逆手にとって
「私にどんな失言を言わせたいかキャンペーン!」と題して
内外から失言を募集し「私は民意の代弁者だ!」と
堂々と開き直りたい。
ただ意図的に失言を繰り返してるのなら騙されてるのはこちらで
誰かがほくそ笑んでるに違いない、、、
第1子は100万円
第2子は200万円
第3子は300万円
第4子以降は一律500万円
の出産奨励金と住宅手当若しくは子育て手当の支給
これ位の人参ぶらさげれば絶対に結婚や出生率は上がり
国力も伸びると思うんだが、あくまでも個人的意見です。

平成18年1月17日

13年前から毎週訪問してた患者Tちゃん
来月に施設入所が決まった・・・
Tちゃんと言っても70過ぎのじじいだけど
生後間もなくの病気で全身が麻痺してしまった。
今みたいに福祉制度が充実してない昭和20年代
母ちゃんは息子の障害を自分の責任だとして
誰にも頼らず全て面倒を見ていた。
父ちゃんと二人して興したばかりの商売をきりもりしながら
母ちゃんは必死に息子の世話をし、そして働いた。
「この子がいる限りあたしゃ死ねないよ、」が口癖だった母ちゃん
もうじき100歳になるというのに頑張ってきたんだ
でもね、もう限界・・・
親子別々の施設、70年一心胴体だった親子は
来月初めて別れ別れになりそれが最後のお別れになる。
Tちゃんさみしくなるな、母ちゃんとも逢えなくなるなんて・・・
俺はねあんた達親子に出会えて嬉しかったよ
無上の愛ってのを教えてもらった。
殺伐とした寒々しい事件ばかりの世の中で
金には変えられないものがあるんだな!
Tちゃんせめてもの親孝行
母ちゃんより1日でも長生きしろよ
先に逝っちまったら承知しねえぞ!

平成30年久伊豆神社例大祭

ファイル 57-1.jpg
拝啓、晩秋の候皆様におかれましては
ご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて私こと佐藤大介はひなの里治療院の院長として
日々診療に携わっておりますが、もう一つの顔がございまして
「岩槻黒奴保存会」という団体の副会長を拝命しております。
江戸時代にはじまり、近年は昭和20年代まで続いた歴史と伝統ある祭事です。
平成20年に地元関係者と久伊豆神社の協力により50年ぶりによみがえり
今年で10周年を迎えました。
来月はその記念祝賀会も催され、来春には記念誌も刊行されます。
今後とも皆様のご支援を頂きながら、微力ながら地域のお手伝いを
させて頂きます。宜しくお願い致します。
(写真は先日の例大祭の時のもの、私の後ろの美女たちは
朝香宮殿下孔雀奉納80年祭 孔雀の舞隊でした♪)

第7回春日部親子スキンタッチ教室

ファイル 56-1.jpg
ファイル 56-2.jpg
ファイル 56-3.jpg
ファイル 56-4.jpg
ファイル 56-5.jpg

7月8日、春日部ふれあいキューブにて
第7回親子スキンタッチ教室を開催しました!
東京2020協賛事業の一環として
日清食品とコカコーラボトリングスからも協賛を頂き
参加予定32組の過去最大規模のものとなりました。
「子育てのしやすい街春日部」を応援し
将来のオリンピアンを育む活動もしております!!
j-comや医道の日本社などの取材もあり
ますます暑いぜ春日部!!!となってきました。

ページ移動